・新しい育毛成分を配合!

 

・〇〇の効果で発毛促進!

 

・〇〇の効果で血行促進!

 

育毛剤でこんな言葉が書いてあったら、

 

「なにこれ?髪は生えそう」

 

と思って、
買ってしまいますよね。

 

そして効果が無くて、
数か月後に別の育毛剤を購入することになります。

 

絶対に効果があると思って買うのに、
なぜ効果がないのでしょうか・・・

 

これは、
薄毛に悩む男性にとって、
人生を左右する大きな問題ですよね。

 

ハゲる原因は何だか知っていますか?

 

答えはAGAです。

 

男性型脱毛症とも呼ばれるこの症状は、主に20代から発症し、
徐々に毛髪を減らしていきます。

 

一度発症すると、
自然に治癒することがほぼ無いので、
適切な処置をしないと、
ハゲます。

 

そこで育毛剤の出番なのですが・・・

 

実は、
育毛剤は何らかの原因
(ストレスや体調不良など)
で元気がない髪を元気にする力があっても、
AGAで薄くなってしまった髪には何の効果もないのです。

 

育毛剤は文字通り、
毛を育てる薬剤でしかありません。

 

AGAをSTOPする力はないのです。そして、徐々に髪が抜けていきます。

 

ここで、AGAとは何?という方のために簡単に説明しておきます。

 

AGAとは? なぜ、育毛剤は効果がないのか?

 

AGAの元凶は、
男性ホルモンです。

 

男性ホルモンは、
血管から毛根へと侵入し、
5αリダクターゼという酵素と
化学反応をおこして
DHTという強力な物質へと変化します。

 


DHTは髪の成長機能を狂わせ、
通常2年から6年程度ある成長期間を数週間程度まで短くしてしまいます。

 

その結果、
髪はゆっくりと短く細い髪へと変化し、
最後は目に見えない産毛となります。

 

 

この工程は、
一本一本の髪の内部でおこっていて、
少しずつ少しずつ髪を減らしていき、
十数年後には頭頂部全体に広がるのです。

 

AGAは男性ホルモンと5αリダクターゼの化学反応が出発点です。

 

この反応に、血行不良や頭皮環境の不良・生活習慣・シャンプーの有無など、全く関係していません。

 

育毛剤で、これらを改善してもAGAをSTOPすることができないのです。

 

 

そして多くの男性が、薄毛に悩み続けることになります。

 

ちなみに、私もその一人です。

 

 

20才前半に周りから薄毛を指摘され、
数々の育毛剤を試すも30代後半にて薄毛が極まりました。

 

現在独身です。

 

15年前の私がこちら↓

 

 

フサフサです。

 

そして15年・・・

 

 

みごとにハゲました!

 

AGAには治療薬があるのですが、それを入手するにはAGA専門のクリニックに行く必要があります。

 

ですがクリニックへ行くと、1回10万以上するハーグ療法やAGAメソセラピーなどを受けることになり、最終的に数百万円支払うことになります。

 

断ればいいのでしょうが、やれば髪が増えるとか言われたら、やってしまいます。お金がないのに・・・

 

そんなことから、ダラダラと育毛剤を買い続けました。

 

 

もうダメかな。あきらめかけた時です。

 

奇跡がおきました!

 

 

髪が増えた!

 

そう増えたのです!

 

あきらめていたので、驚くと同時にとても嬉しかったです。

 

でも私が使ったのは育毛剤ではありませんでした。

 

私が使ったのは、

 

新しい薄毛対策成分として期待を集めている、

 

キャピキシルという成分が入っている化粧品でした。

 

 

なぜ、キャピキシルは髪が増えたのか?

 

普通の育毛剤はAGAの原因である化学反応を抑制できないので髪が成長しませんが、「キャピキシル」が配合された化粧品は化学反応を抑制してくれるので、髪が成長してくれます。

 

 

 

 

このキャピキシルは

 

・「アカツメクサ花エキス」
・「アセチルテトラペプチド3」

 

という成分を
掛け合わせたもので、

 

AGAの進行を抑制してくれます。

 

ですが、この他に、

 

もっとすごい効果がありました!

 

 

その前に、まずは
AGAの進行を阻害する成分から紹介します。

 

「アカツメクサ花エキス」がAGAの進行を阻害する

 

 

アカツメクサ花エキスに含まれる「ビオカニンA」という成分は、
本来なら男性ホルモンと化学反応するはずだった5αリダクターゼを先に取り込んでしまいます。

 

 

その結果、髪の成長を邪魔する成分(DHT)が生成されなくなり、AGAがSTOPするのです。

 

実は、
既存の育毛剤にもAGAをSTOPすると言われている成分が入っています。

 

ビワ葉エキスやオウゴンエキスなど様々なものがありますが、どれもはっきりと効果があると言っているものが無い状況です。

 

また育毛剤の主要な成分でないため、入っている量もほんの少しです。AGAの効果があるのか微妙なところです。

 

一方、キャピキシルがどうかというと・・・

 

キャピキシルの開発元のルーカス・マイヤー・コスメティクス社がこんな資料を作成しています。

 

 

訳:
ビオカニンAはムラサキツメクサ(レッドクローバー)の主要なイソフラボンです。
ビオカニンAは、5α-レダクターゼのI型およびII型の活動に効果的な抑制剤であると知られています。
研究で、ビオカニンAが慢性的な炎症を抑えることが分かっています。
また、ムラサキツメクサのイソフラボンは皮膚や頭皮へのダメージを抑制する重要な酸化防止剤として機能することも示されています。

 

訳:これらの結果は、100マイクロメートルでビオカニンAが存在する時に、5αリダクターゼの1型と2型の作?が著しく低下することが示します。
ビオカニンAのこの抑制作?は、5αリダクターゼの活動抑制剤として?いたEGCGで観察されたものよりも、?い効果を?しました。

 

 

もちろん、これは開発元が発表しているものなので客観的ではないかもしれません。

 

ですが、他のAGAに効果があるかもしれない成分には、このような資料が用意されていません。

 

「なんとなく効果があるんじゃないかな」というあいまいな説明のみです。

 

それと比較して、資料を用意して効果があると示しているキャピキシルは、開発元の本気度が伺えるのではないでしょうか。

 

AGA治療薬のような副作用がない

 

AGAを抑制する治療薬はAGAクリニックでも入手できます。こちらは日本で正式に効果があると認められているものです。

 

ですがデメリットとして、性欲の減退や性機能障害などの副作用があり、医師の処方のもと慎重に服薬する必要があります。

 

ですが、キャピキシルは副作用が認められていないので安心して使用できます。

 

ただし、どちらの方が効果が高いのか分かっていません。そのため、キャピキシルで効果が無くても、AGA治療薬なら効果がある場合があります。また、その逆も考えられます。

 

費用面から言うと、キャピキシルの方が安いので、まずはキャピキシルを試してください。

 

こちらが、先ほど紹介したすごい効果です
↓↓↓↓

「アセチルテトラペプチド3」はミノキシジルの約3倍の効果がある?

 

 

「アセチルテトラペプチド3」
壊れてしまった細胞を修復する能力をもっています。

 

髪のもととなる毛母細胞の修復もしてくれて、毛母細胞が修復された結果、発毛しやすくなります。

 

発毛効果は発毛剤である

 

ミノキシジルの3倍

 

と言われています。

 

ミノキシジルは日本ではリアップが有名です。発毛効果があると認められていて、薄毛関連で唯一医薬品として売られています。

 

ミノキシジルの3倍の効果は、キャピキシルの開発元のルーカス・マイヤー・コスメティクス社での、比較実験から分かりました。

 

 

これは、人間から採取した細胞を培養した結果をグラフ化したものです。

 

その結果は、

 

 

ミノキシジル52%
キャピキシル156%

 

 

この結果をみると、ちょうど3倍になっているのが分かりますね。

 

ただし、これは実際に人の頭髪で行った実験ではありません。

 

そこで、キャピキシルの開発元では使用前後の画像も公開しています。

 

 

こちらが、キャピキシルの使用前(上)と使用後(下)の画像です。密度が濃くなっているのが分かります。

 

この実験によりキャピキシルが高い発毛・育毛効果があることが分かりました。


 

 

一度述べましたが、キャピキシルは開発元からキャピキシルの詳細と実験結果を資料として公開しています。

 

多くの育毛剤は、そのような資料がありません。

 

そのことだけでも、他の育毛剤よりも効果を期待できるのではないでしょうか。

 

 

育毛剤メーカーはキャピキシルを配合して、
AGAを止めることができると言えば、
もっと売れるはずですが、
それはできないようです。

 

日本では
AGAに効果があると認められていないので、
書くと薬事法という法律で罰せられるからです。

 

また、
「キャピキシル」は厚生労働省が認めていないので、配合すると医薬部外品になりません。

 

『育毛剤』という表記は医薬部外品にのみ許された表記なので、法律上では「化粧品」となってしまうのです。

 

そのため「キャピキシル」が配合されたものは『育毛剤』ではなく『スカルプエッセンス』と呼ばれています。

 

育毛剤メーカーでは「キャピキシル」の効果を認めていても、育毛剤は医薬部外品が安心だというのが一般的なので、それを名乗れないと売れなくなるという理由から、「キャピキシル」を利用しないという判断もあるはずです。

 

 

 

 

近い将来日本で認可されれば、
堂々と効果があると言えるようになるでしょう。

 

使う側としては、それまで待つ必要はないですけどね。

 

 

「キャピキシル」は本当の意味で、薄毛男性を救ってくれる育毛剤です。

 

・価格が安い

 

・副作用が無い

 

この点はAGA専門クリニックに勝っています。

 

薄毛に悩んでいる男性には、「キャピキシル」を配合したスカルプエッセンスをおすすめします。

 

「キャピキシル」でAGAを今すぐSTOPさせて、髪を増やしましょう!

 

>>おすすめ「キャピキシル」スカルプエッセンスはこちら

 

 

●実際に試した結果

 

冒頭で紹介したように私も、キャピキシルを1年試しています。

 

 

結果はこんな感じ。
洗髪後にドライヤーを使う時間が増えました。
もっと行けそうなので、二年後が楽しみです。

 

私の髪をここまで復活させてくれたのは、
”キャピキシルを5%配合”した

 

『THE SCALP 5.0C(ザ・スカルプ5.0C)』です。

 

 

初回限定は300名のみです(残りわずか)

 

 

 

この育毛剤は、髪を増やすのに絶対に必要な3項目

 

・AGAの進行をSTOP
・発毛で髪を生やす
・育毛で髪を育てる

 

を完璧に行ってくれます。

 

その理論がこちら。

 

 

デルタアタック理論という理論です。

 

 

・キャピキシルの他に、「再生因子」を含む41の薄毛に効果的な成分を配合

 

・成分を極小サイズにすることで、浸透力を増大させ毛穴の奥まで届ける

 

・育毛剤の90%は水分。ジェットフロー効果を持たせた特別な「マイナスイオン水」を使用

 

 

さらに、

 

・髪の細胞の成長を促してくれる【EGF】

 

上皮成長因子(じょうひせいちょういんし、Epidermal Growth Factor; EGF)細胞の成長と増殖の調節に重要な役割をします。
発毛促進作用や休止期から目覚めさせるような作用をもっています。

 

・髪の毛の発毛促進に有効な【FGF】

 

線維芽細胞増殖因子(せんいがさいぼうぞうしょくいんし、英: Fibroblast growth factors)血管新生、創傷治癒、胚発生に関係する成長因子の一種。
別名「発毛促進因子」とも呼ばれる。
成長指令を『髪の素』である毛母細胞に伝達する働きがある。

 

という二つの成分を
従来の55倍も含んでいる、
発酵熟成プラセンタを配合しています。

 

 

 

髪を増やしてくれる成分が55倍です。

 

私に、これなら髪が生えるかも!と期待させてくれた成分がこれです。

 

そして、結果がこれ。

 

 

毎日毎日、信じて続けたら、

 

しっかりと増えました!

 

男性の薄毛には、
「キャピキシル」でAGAをSTOPさせて、
独自の成分で発毛と育毛。

 

これで間違いありません。

 

 

2年ほど「ザ・スカルプ5.0C」を続けている、M・Iさん(45歳)です。

 

彼も薄毛に悩んでいたところ、この育毛剤に出会ったそうです。「どうせ効果が無いのだろうと思っていたところ、その結果に驚いています。」というコメントをもらっています。

 

彼のように、薄毛の悩みから解放される方がぞくぞくと増えるといいですね。
(私は、あと少しです)

 

この他にも、口コミがぞくぞくと集まっているようです。

 

1カ月は効果なかったのですが2カ月目から実感できました。
30代男性

 

4ヶ月目経過劇的な変化はないですが産毛は出てきた。
もう少し見守ってみます。
30代男性

 

使い始めて1ヶ月になります。M字部分に使用しています。産毛がはっきり出てきています。3ヶ月後が楽しみですネ!
40代男性

 

使い始めて4ヶ月目ですかね。
だいぶ産毛が生えてきて、印象が変わったと妻も言ってくれています。今までも色んな商品を試しましたけど、ベトベトしない所も続けやすいポイントだと思います。
40代男性

 

1年弱くらい使いました。他の育毛剤と一番違うのは、スカルプ5.0Cを使うと頭皮がポカポカすること。血行がよくなっているのがわかります。
肝心の髪の毛ですが、元々の髪は元気になって、うっすら見えていた頭皮が見えなくなってきました。
最低でも半年は続けたほうがいいと思います。
40代男性

 

いろいろある育毛剤の中でも一番効果ありました。でも値段が高めなので定期中止しました。申し訳ございません
30代男性

 

ザ・スカルプ5.0Cを買うなら、定期購入が損をしません。

 

 

ザ・スカルプ5.0Cは、

 

定期購入すると初回のみ1本分の値段で2本買うことができます。

 

 

定価は1万5千円です。正直高いです。

 

ですが、定期購入だと初回が4,980円
2回目以降1万円です。

 

合計1万4,980円です。

 

つまり、一本分の価格で二本です。

 

解約は三本目からできるので、

 

やめたいと思ったらそれ以上支払う必要はありません。

 

また、返金保証もあります。

 

 

 

2か月分まで返金してくれるので、何かあったときは実質無料になるので安心です。

 

また、クレジットカードがなくても購入できます。

 

クレジットカード、代金引換、 NP後払い、 楽天ID決済から選べます。

 

クレジットカードの番号を登録するのがイヤな方や、商品が届くか心配な人は代金引換や後払いを選びましょう。

 

実は、続ければ続けるほど、お得になるようです。

 

 

このように、買えば買うほど安くなっていくのです。

 

この点も他にはないサービスです。

 

「キャピキシル」が配合された育毛剤は、1万円から1万5千円程度が相場なので少しオトクに買えるようになります。

 

ただし先着300名限定なので、購入者が多い場合定価購入となります。

 

 

 

定価が1万5千円なので、総額にすると半年で36,520円も余計に支払うことになります。

 

初回と2回目だけでも15、020円も損をしてしまうので、今のうちにぜひ試してみてください。

 

>>ザ・スカルプ5.0C公式サイト http://thescalp.jp

 

追記:

 

残りわずかとのことです!

 

 

 

追伸:

 

正直言うと、薄毛で嫌な思いをたくさんしました。

 

でも今は、表現が難しいのですが誇らしい気持ち?でいっぱいです。

 

もっと髪が増えたら、婚活に行ってきます。

 

あなたも髪が増えたら何をしたいか、考えておくといいですよ。