ハゲる前に使いたかった・・・

 

AGAの症状には特徴がある

AGAの症状には特徴があります。毛の成長が抑制され細く弱い髪になり、髪のボリュームもなくなってしまいます。そして、薄毛になる部分は6つのケースに分けることができます。

 

1つ目はO字型と呼ばれるケースで、主に頭頂部の薄毛から始まる症状が見られます。初めはつむじが目立つようになってきたな・・・という程度から、放置すると丸くはげてしまいます。

 

2つ目はM字型と呼ばれるケースで、こめかみ部分から剃り込むように薄毛が進行していきます。白人男性などに多いパターンでファッション的に似たような髪形にする人もいるので進行がひどくない時は気づかれにくい事もあります。

 

3つ目はU字型と呼ばれるケースで、額の生え際から始まる薄毛です。おでこがだんだん広がっていくように進行し、側頭部の毛が残るので上から見るとUの形に髪が残った状態になってしまいます。

 

残りの3つは、それぞれのケースが組み合わさった形になります。

 

1つ目がO字型とM字型が同時進行するケースです。剃り込みが広がっていくと同時に頭頂部も丸く薄毛が広がり、放置するとはげ部分がつながってより広くはげている印象を与えてしまいます。

 

2つ目がO字型とU字型が同時進行するケースです。おでこの広がりと頭頂部からの脱毛が進行し、前頭部の1部だけ丸く残ることがあり、薄毛を強調してしまいます。

 

3つ目はすべてが同時進行してしまうケースで、側頭部と後頭部の髪の毛を残して薄毛・はげが進行してしまいます。ちょんまげのない武士のようになってしまう、ひどく進行してしまうパターンです。

 

これらの症状に気がついてからは、どんどん症状はひどくなってしまいます。一刻も早く治療を開始したり生活環境を見直して、薄毛を改善してきましょう。

 

関連ページ

AGAの原因
AGAは男性型脱毛症のことを指す言葉で、放置するとやがてはげてしまう男性にとって恐ろしい症状です。ではこのAGAは何が原因で発症するのでしょうか。
AGAの治療とは?
薄毛は男の宿命であり治せないと以前は言われていましたが、現在は適切な治療を行えば改善できるまでになってきました。では、どんな治療をすればいいのでしょうか。
AGAの対策
AGAは男性ホルモンが大きな原因の一つで、これに対する処置を行えば十分な対策となります。では、それはどんな対策なのでしょうか。
AGAの治療薬フィナステリドとは何?
AGA治療ではフィナステリドという成分を含んだ薬が処方されることが多いようです。ではフィナステリドとはどのような薬なのでしょうか。
AGAの治療費ってどのくらいかかるの?
AGAは治せる症状ですが、それには専門のクリニックで治療をする必要があります。AGAを治療するのに必要な費用はどれくらいでしょうか。
AGAは人によって薄毛になる部分が異なる
額から、頭頂部から…AGAと一言で言ってもどこからはげていくかは人によって異なります。それはどうしてでしょうか。
頭頂部が薄いと感じたらはげの危険
鏡を見て薄いと感じたらすぐに行動しないとはげるかもしれません。特に頭頂部は自分では見ずらいので発見が遅れることが多い。
クリニックでは血液検査することで薄毛をチェック
AGA治療専門のクリニックではまず最初に血液検査をして、その人の状態を詳しく調べます。それは何故でしょうか。
男性ホルモンと頭皮や毛髪の関係
男性ホルモンはどんな働きを持っていて、頭皮や毛髪とどんな関係があるのでしょうか。
薄毛の悩みをカウンセリングで相談
薄毛の悩みは他の人に相談しにくいもので、時にはストレスに感じます。それがまた薄毛につながる可能性もあるので、カウンセリングで悩みを吐き出すことが大切です。
AGA治療には十分な睡眠が不可欠
まずはAGAにならない予防としてそんな難しい特別な道具などを使うわけでもなく、日常生活において少し気を付けるだけでも凄く違ってきます。 では、日常生活でも出来るAGA予防とは一体どういう物があるでしょうか。 その一つが睡眠時間を確保するという事が大切になります。
AGAはどういった症状が発症するのか?
男性型脱毛症は少しずつ進行していきますが、症状の出方は人それぞれ違いがあります。 女性もやはり薄毛の悩みを抱えている人が多いですが、この場合は全体的に薄くなっていきますので、特に一部分が極端に薄くなるという症状ではありません。
AGAが原因の薄毛の進行スピード
薄毛の原因がAGAである場合、徐々に範囲が広がっていきます。速度はゆっくりですが止まることはありません。