ハゲる前に使いたかった・・・

 

AGAは男性ホルモンの影響

男性によく見られる頭頂部の薄毛やおでこが広がっていく薄毛は、AGAと呼ばれる男性型脱毛症であることがほとんどです。

 

AGAは男性ホルモンの影響によって引き起こされます。男性ホルモンの主成分であるテストステロンは体中のあらゆる場所に分泌され、男性らしい体をつくらせたり、ドーパミンという幸福感ややる気を引き起こす成分を分泌させたり、ヒゲや太い毛を作らせたりといった様々な働きをします。

 

ところが、頭皮に分泌された男性ホルモンが同じ頭皮に存在する5αリダクターゼと結合してしまうと、DHT(ジヒドロテストステロン)を生成してしまいます。この成分こそが、薄毛を引き起こす原因となっています。

 

DHTは男性ホルモンの一種です。毛根の毛乳頭細胞にある受容体は、髪育成のために男性ホルモンと結合しようとします。ところがテストステロンではなく、このDHTが結合してしまうと育毛のための細胞分裂を抑制してしまう働きがあるのです。

 

細胞分裂を抑制された毛根は髪の毛の成長ができずに細く弱い毛になってしまい、簡単に抜け落ちてしまいます。これこそが薄毛を発生させるメカニズムなのです。

 

頭皮に存在するという5αリダクターゼという酵素は、頭皮の一定の場所に多く存在しています。それが、男性の頭頂部・おでこの生え際・ヒゲです。この場所で多くDHTが発生してしまうために、男性の薄毛は決まったパターンで進行していくのです。

 

薄毛改善のためには、まずこのDHTが生成されてしまうことを抑制することが重要なのです。

 

関連ページ

AGAの症状
AGAの症状には特徴があります。はげにならないためにはAGAの症状を把握して適切な治療を行う必要があります。
AGAの治療とは?
薄毛は男の宿命であり治せないと以前は言われていましたが、現在は適切な治療を行えば改善できるまでになってきました。では、どんな治療をすればいいのでしょうか。
AGAの対策
AGAは男性ホルモンが大きな原因の一つで、これに対する処置を行えば十分な対策となります。では、それはどんな対策なのでしょうか。
AGAの治療薬フィナステリドとは何?
AGA治療ではフィナステリドという成分を含んだ薬が処方されることが多いようです。ではフィナステリドとはどのような薬なのでしょうか。
AGAの治療費ってどのくらいかかるの?
AGAは治せる症状ですが、それには専門のクリニックで治療をする必要があります。AGAを治療するのに必要な費用はどれくらいでしょうか。
AGAは人によって薄毛になる部分が異なる
額から、頭頂部から…AGAと一言で言ってもどこからはげていくかは人によって異なります。それはどうしてでしょうか。
頭頂部が薄いと感じたらはげの危険
鏡を見て薄いと感じたらすぐに行動しないとはげるかもしれません。特に頭頂部は自分では見ずらいので発見が遅れることが多い。
クリニックでは血液検査することで薄毛をチェック
AGA治療専門のクリニックではまず最初に血液検査をして、その人の状態を詳しく調べます。それは何故でしょうか。
男性ホルモンと頭皮や毛髪の関係
男性ホルモンはどんな働きを持っていて、頭皮や毛髪とどんな関係があるのでしょうか。
薄毛の悩みをカウンセリングで相談
薄毛の悩みは他の人に相談しにくいもので、時にはストレスに感じます。それがまた薄毛につながる可能性もあるので、カウンセリングで悩みを吐き出すことが大切です。
AGA治療には十分な睡眠が不可欠
まずはAGAにならない予防としてそんな難しい特別な道具などを使うわけでもなく、日常生活において少し気を付けるだけでも凄く違ってきます。 では、日常生活でも出来るAGA予防とは一体どういう物があるでしょうか。 その一つが睡眠時間を確保するという事が大切になります。
AGAはどういった症状が発症するのか?
男性型脱毛症は少しずつ進行していきますが、症状の出方は人それぞれ違いがあります。 女性もやはり薄毛の悩みを抱えている人が多いですが、この場合は全体的に薄くなっていきますので、特に一部分が極端に薄くなるという症状ではありません。
AGAが原因の薄毛の進行スピード
薄毛の原因がAGAである場合、徐々に範囲が広がっていきます。速度はゆっくりですが止まることはありません。